2011年05月05日

映画に関することとか: ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン. <感想> あるカップルの誕生から破局までを描いた哀しい愛の物語。過去と現在が交錯しながら物語は展開していくが、伏線の張り方が絶妙で、必死に愛を取り戻そうとするディーンの姿がよりいっそう哀しくみえてくる。
現在上映中の「ブルーバレンタイン」。 新しい恋愛映画の傑作だと思う。 一つの愛の誕生から終焉までの数年間を、現在と過去を交差させながら、リアルに生々しく追っていく。 主演は、「きみに読む物語」のライアン・ゴズリングと「ブロークバック・
アメリカの小さな炭鉱町ハーモニー。10年ぶりに帰郷したトムは、かつて彼が原因で起きた炭鉱事故の唯一の生存者、ハリーがバレンタインデーに住民22人を惨殺した事件の罪悪感にいまだに苦しんでいた。元恋人のサラを訪れたトムだったが、ある夜、まるで
■[Movie]「ブルーバレンタイン」鑑賞。 01:16. 町山智浩さんや、ライムスター宇多丸さんなど、サブカル既婚者の胸を打ちまくる作品と言うことで鑑賞。 D ? このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする ? コメントを書く
「ブルーバレンタイン」では、妻:シンディ(ミシェル・ウィリアムズ)が夫:ディーン(ライアン・ゴズリング)に抱く感情が、傍観者たる観客にとってはかなり明確な形で描写され、どんどん気持ちが離れていく妻とは対照的にちっとも気付かない夫、という
それ気にしてる人、私くらいかも知れないけどさw でも、気になるんだもんーーー!) あとあと、頭ややハゲ&やや肥えゴズリンはちょいニコラス・ケイジにも似てたw こら新発見☆ Matthew Houck and Ryan Gosling. タグ :: ブルーバレンタイン
Photoshopでデッサン風のハートを描ける無料のブラシをご紹介します。
たろうのバレンタインの思い出の記事、冨田リカ アーモンドです。
もしそうだとすると、せっかくのバレンタインの計画が根本から崩壊してしまう。もし好きでもないものを贈られても心の底から喜べると主張する人がいるとしたら、それはよほどの聖人君子か、さもなきゃ自分でも気づいてないくらい真正の偽善者に違いない。
その程度の覚悟がなければ、他人を批判したり、同様に、他人の批判にツッコミを入れる資格などありません。 しかし、今回は、ちょっと、厳しいコトを言ってしました。 以下、会話モード・・・ バブル時代、公務員なんて、誰でもなれた職業なのになー。

バレンタインについてご存知でしょうか?バレンタインの情報あります!!バレンタインとはなんなのか?
posted by スギヤマ at 04:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
楽天市場 Amazon

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。